宅建合格ナビ 権利関係ナビ 宅建業法ナビ 法令制限/その他ナビ
資格の大原
年度別 過去問
[平成26年]
[平成25年]  [平成24年]  [平成23年]  [平成22年]  [平成21年]  [平成20年]
[平成19年]  [平成18年]  [平成17年]  [平成16年]  [平成15年]  [平成14年]
[平成13年]  [平成12年]  [平成11年]  [平成10年]  [平成09年]  [平成08年]
宅建情報&データ
[問題の出題傾向] [法改正情報] [過去問PDFデータ]


カテゴリー: 区分所有法


--/--/-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/10/14 平成13年 問14 区分所有法:建物の登記


 

宅建過去問 平成13年(2001年) 問14
権利関係 「区分所有法:建物の登記」

 

1棟の建物を区分した建物(以下この問において「区分建物」という)についての登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


◆1
表題登記がされていない区分建物を建築者から取得した者は、当該区分建物の表題登記を申請する義務はない。

◆2
区分建物の床面積は、壁その他の内側線で囲まれた部分の水平投影面積により算出される。

◆3
区分建物が規約による共用部分である旨の登記は、当該区分建物の登記記録の表題部にされる。

◆4
区分建物について敷地権の表示が登記されたときは、敷地権の目的たる土地の登記記録の表題部に敷地権である旨の登記がされる。





解答&解説はこちら


登録カテゴリー: 区分所有法

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建試験ランキング
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

2015/10/03 平成10年 問13 区分所有法


 

宅建過去問 平成10年(1998年) 問13
権利関係 「区分所有法」

 

建物の区分所有等に関する法律(以下この問において区分所有法という)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


◆1
区分所有者の1/5以上で議決権の1/5以上を有するものは、管理者に対し、会議の目的たる事項を示して、集会の招集を請求することができるが、この定数は、規約によって減ずることができる。

◆2
改良を目的とし、かつ、著しく多額の費用を要しない共用部分の変更については、規約に別段の定めがない場合は、区分所有者及び議決権の各過半数による集会の決議で決することができる。

◆3
占有者は、建物又はその敷地若しくは附属施設の使用方法につき、区分所有者が規約又は集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負う。

◆4
区分所有法第62条第1項に規定する建替え決議が集会においてなされた場合、決議に反対した区分所有者は、決議に賛成した区分所有者に対し、建物及びその敷地に関する権利を時価で買い取るべきことを請求することができる。





解答&解説はこちら


登録カテゴリー: 区分所有法

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建試験ランキング
人気ブログランキングへ

2015/10/03 平成8年 問16 区分所有法:建物の登記


 

宅建過去問 平成8年(1996年) 問16
権利関係 「区分所有法:建物の登記」

 

一棟の建物を区分した建物(以下この問において区分建物という)についての登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


◆1
区分建物の表題登記は、その一棟の建物に属する他の区分建物の表題登記とともに申請しなければならない。

◆2
区分建物の所有権の保存の登記は、表題部所有者から所有権を取得した者も、申請することができる。この場合において、当該建物が敷地権付き区分建物であるときは、当該敷地権の登記名義人の承諾を得なければならない。

◆3
区分建物が規約による共用部分である旨の登記は、当該区分建物の表示に関する登記としてされる。

◆4
登記官は、区分建物について敷地権の表示の登記をしたときは、敷地権の目的たる土地の登記記録の表題部に敷地権の目的となった旨の登記をしなければならない。





解答&解説はこちら


登録カテゴリー: 区分所有法

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建試験ランキング
人気ブログランキングへ

2015/10/02 平成17年 問14 区分所有法


 

宅建過去問 平成17年(2005年) 問14
権利関係 「区分所有法」

 

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


◆1
共用部分であっても、規約で定めることにより、特定の区分所有者の所有とすることができる。

◆2
専有部分であっても、規約で定めることにより、敷地利用権と分離して処分することができる。

◆3
構造上区分所有者全員の共用に供されるべき建物の部分であっても、規約で定めることにより、特定の区分所有者の専有部分とすることができる。

◆4
区分所有者の共有に属さない敷地であっても、規約で定めることにより、区分所有者の団体の管理の対象とすることができる。





解答&解説はこちら


登録カテゴリー: 区分所有法

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建試験ランキング
人気ブログランキングへ

2015/09/27 平成11年 問15 区分所有法


 

宅建過去問 平成11年(1999年) 問15
権利関係 「区分所有法」

 

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


◆1
数個の専有部分に通ずる廊下又は階段室その他構造上区分所有者の全員又はその一部の共用に供されるべき建物の部分は、区分所有権の目的とならない。

◆2
区分所有者は、建物並びにその敷地及び付属施設の管理を行うための団体である管理組合を構成することができるが、管理組合の構成員となるか否かは各区分所有者の意思にゆだねられる。

◆3
建物の専有部分が数人の共有に属するときは、共有者は、議決権を行使すべき者1人を定めなければならない。

◆4
区分所有者は、規約に別段の定めがない限り、集会の決議によって、管理者を選任することができるが、この管理者は、区分所有者以外の者から選任することができる。





解答&解説はこちら


登録カテゴリー: 区分所有法

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建試験ランキング
人気ブログランキングへ

2015/09/26 平成23年 問13 区分所有法


 

宅建過去問 平成23年(2011年) 問13
権利関係 「区分所有法」

 

建物の区分所有者等に関する法律(以下この問において「法」という)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


◆1
管理者は、利害関係人の請求があったときは、正当な理由がある場合を除いて、規約の閲覧を拒んではならない。

◆2
規約に別段の定めがある場合を除いて、各共有者の共用部分の持分は、その有する専有部分の壁その他の区画の内側線で囲まれた部分の水平投影面積の割合による。

◆3
一部共用部分に関する事項で区分所有者全員の利害に関係しないものは、区分所有者全員の規約に定めることができない。

◆4
法又は規約により集会において決議すべきとされた事項であっても、区分所有者全員の書面による合意があったときは、書面による決議があったものとみなされる。





解答&解説はこちら


登録カテゴリー: 区分所有法

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建試験ランキング
人気ブログランキングへ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
10/19 2015年度 宅建士試験 解答速報
10/17 平成22年 問4 物権変動の対抗要件
10/17 平成11年 問3 相続:遺産分割
10/17 平成19年 問10 危険負担
10/17 平成16年 問1 意思表示
10/17 平成23年 問2 債務不履行
10/16 平成14年 問2 代理
10/16 平成17年 問3 代理
10/16 平成8年 問12 借地借家法:解約
10/16 平成14年 問8 契約の解除
権利関係カテゴリ
おすすめサイト・ブログ

管理人

 ・宅建合格ナビ(総合サイト)
  最新情報、申込期間、受験地
  無料過去問データの配布等
 ・宅建業法 過去問ブログ
  解説付き過去問を毎日配信中
 ・法令制限/税 過去問ブログ
  解説付き過去問を毎日配信中
 ・宅建試験Q&A 質問回答
  宅建試験に関する質問集満載
 ・宅建ランキング ブログ村
  人気のある宅建ブログはこちら
 ・人気ブログランキングへ
  資格・宅建の人気ランキング

ブログ対応機種
携帯・スマホ・PC
お問い合わせ

お問い合わせはこちら
takkenwan@gmail.com

月別アーカイブ
携帯用QRコード
QR
RSSリンクの表示
テキスト・過去問
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。